結婚式における、さまざまな挙式スタイルの種類

結婚式の挙式には、さまざまなスタイルがありますが、大きく分けると宗教の形式に従ったものとそうでないものの2つに分類できます。
まず宗教の形式に従ったものとしては、キリスト教式と神前式があり、中でも人気が高いのがキリスト教式の挙式スタイルになります。
「キリスト教式」は、チャペルが設置されたホテル・式場で行うことができるほか、実際の教会で行うことが可能な場合もあります。
またキリスト教式には、家族や親戚だけでなく、友人・知人などが大勢で参列できるというメリットがあります。
次に「神前式」は、神社や、神殿を設けたホテル・式場で行うことが可能です。
神前式は、参列者が家族や親族だけに限られる場合が多くなりますが、日本の伝統的な雰囲気を味わえるという魅力があります。
そして無宗教で行われるものとしては、参列者が結婚の証人になるというスタイルの「人前式」があり、形式に縛られずに自由な企画ができるという点が魅力になっています。
また、人前式を行う場所に関しても、屋外や船上など自由な場所を選ぶことが可能です。